ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編』

『半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編』

雨読夜話

半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編
半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編
安部 龍太郎 藤田 達生
小学館 2016-11-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
家康 (一)自立篇
おんなの城
江戸を造った男
逆説の日本史 22 明治維新編: 西南戦争と大久保暗殺の謎
三鬼 三島屋変調百物語四之続
あなたの会社のお金の残し方、回し方
無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教
とらわれない (新潮新書)
小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む (角川ソフィア文庫)
げんきな日本論 (講談社現代新書)


歴史作家の安部龍太郎、歴史学者の藤田達生、画家の西のぼるの3人による、日本各地の半島をめぐる歴史紀行。
藤田氏が歴史解説、西氏が挿絵を担当し、第1作の本書では知多半島、薩摩半島、能登半島、沼隈半島、伊豆半島、志摩半島を訪れている。

冒頭ではこの企画の発端として、安部氏による藤堂高虎を主人公とした歴史小説『下天を謀る』の打ち上げで3人が集まった際に、
「司馬遼太郎のせいで高虎のイメージが悪い」
  ↓
「司馬作品では『竜馬がゆく』と『街道をゆく』シリーズが面白い」
  ↓
「我々でも『街道をゆく』みたいな作品をやってみたい」
  ↓
「陸のどん詰まりだけど、海の玄関口の半島にしよう」
と話が進んだエピソードを紹介しているのが面白い。

知多半島では信長や水野氏、薩摩半島では島津氏や鑑真、能登半島では能登畠山氏や時国家(「平家であらずんば人にあらず」で知られる平時忠の子孫)、絵師の長谷川等伯、渤海国との交易など、沼隈半島では足利義昭の「鞆幕府」と本能寺の変における四国説、伊豆半島では北条時政、堀越公方、北条早雲、江川太郎左衛門英龍など、志摩半島では九鬼嘉隆などの話が扱われている。

現在では交通が不便な田舎と思われる地域が、昔は海上交通がメインだったために交易の利益で潤っていたことが随所で書かれていて、単なる地方勢力と思っていた能登畠山氏や北条時政が想像以上に経済力を持っていたことを知って驚く。

知多半島や伊豆半島のところでは宮城谷昌光の『古城の風景』シリーズでも扱われていたので、読み比べてみるのもいい。
面白く読むことができたので、続編を楽しみにしている。






にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。ビジネス書も多く取り上げています。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。




ビジネスに時間管理は必要不可欠。複数社の提供するタイムマネジメント研修を一括比較・資料請求。
節電など省エネESCO事業に取り組んでいる企業を、BtoB問合せ.comに紹介中。まずは一括お問合わせをお試しください。

ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...