ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『マンガ 老荘3000年の知恵』

『マンガ 老荘3000年の知恵』

雨読夜話

マンガ 老荘3000年の知恵 (講談社プラスアルファ文庫)
マンガ 老荘3000年の知恵 (講談社プラスアルファ文庫)
蔡 志忠 (著), 野末 陳平 (監修), 和田 武司 (翻訳)
講談社 1996-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
マンガ 老荘の思想 (講談社+α文庫)
マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫)
マンガ 孟子・大学・中庸の思想 (講談社+α文庫)
マンガ 禅の思想 (講談社+α文庫)
マンガ菜根譚・世説新語の思想 (講談社+α文庫)
マンガ 孔子の思想 (講談社+α文庫)
老子 (岩波文庫)
老子・荘子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)
老子 (講談社学術文庫)
バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書 (角川SSC新書)


『老子』と『荘子』の言葉を現代語訳し、漫画とともに紹介している作品。
元々の内容がストレートに伝わりやすいものではないため、漫画を利用してもそうした部分は分かりやすくならないような気がした。

特に前半の『老子』では道のように漠然としたイメージを語っているところはつかみづらいところが多かったような気がする。

そして『荘子』では戦国時代に活躍していて『史記』や『戦国策』に登場するような君主や家臣がしばしば登場することや、説明を分かりやすくするために寓話や例え話を多用している分だけ、イメージがつかみやすい気がする。

中でも孔子の出身国である魯で、「本当の儒者は何人いるのか?」と問いかけるエピソードや、孔子と顔回のやり取りなどが収録されているところが面白かった。

老荘思想について何となくのイメージをつかむのに読むなら、まずまずの作品かと思う。





マンガ 老荘の思想 (講談社+α文庫)マンガ 老荘の思想 (講談社+α文庫)

蔡 志忠 (著), 野末 陳平 (監修), 和田 武司 (翻訳)
講談社 1994-09-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。ビジネス書も多く取り上げています。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。




パンフレットカタログデザインでお悩みの方や、カタログ制作会社をお探しの方は、InfoDirectで一括資料請求が便利です。

ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...