ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 社長(役員・取締役・経営)トップ > 「サーカスの象の悲しい結末」環境を選択することができないと寿命が縮む
  

「サーカスの象の悲しい結末」環境を選択することができないと寿命が縮む
  

新しい働き方ブログ

サーカスの象は小さなときから鎖に繋がれ、
逃げることを諦めてしまう。

なんどもなんども逃げることを試みても
決して逃げることができない。

その繰り返しの中で、
「この鎖から逃げることはできない」
と思い込み、逃げることを諦めてしまう。

象たちは、鎖に繋がられたまま一見おとなしそうに
しているように見えます。

でも、本来、象は野生の中では自由にのびのびと
家族とともに暮らすことが当たり前。

逃げることを諦めてしまっただけで、
自由を奪われて育ったサーカスの象達は、
大きなストレスやいらだち抱えながら過ごしているようです。


だから、サーカスの象たちは
悲しい最期をむかえることも多いそうです。


■サーカスの象達は野生の象に比べ平均寿命が短い

『08年、動物園のゾウは野生のゾウの半分以下しか
 生きられないとする研究結果が報告されました。
(参考:Compromised Survivorship in Zoo Elephants —
Clubb et al. 322 (5908): 1649 — Science(英語))
 はっきりとした理由はわかっていませんが、ストレスと肥満が
 関係するのではないかとしています。』

動物の寿命図鑑-アフリカゾウより
http://www.zooing.net/archives/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%82%BE%E3%82%A6

この記事によれば、野生のゾウの平均寿命は70才に対して、
動物園の象たちの平均寿命は半分以下。

サーカスの象の平均寿命は調査されていないようですが、
足に鎖を繋がれたまま自由に動くこともできないサーカスの象は、
恐らく、動物園の象に比べても寿命は短いのではないかと想像します。

研究結果によれば、動物園の平均寿命が短い理由はストレスと肥満が
関係しているのではないかとしています。

逃げることを諦めてしまい、自由を奪われてしまった
孤独なサーカスの象にはもっと大きなストレスがかかって
いるはず。
 
自然の中で群れをなして生活をしている象にとって
 縄に繋がれ自由を奪われた毎日は心身ともに病んで
 いくのかもしれません・・・

■サーカスの象が突然暴れだす

『恐怖におののく子供達を背中に乗せたまま、暴れまわる象が
 サーカスの観客たちをパニックにおとしいれ、
 調教師を踏み殺し、あげくの果てに特別機動隊によって
 市街地で射殺されるという事件が起きています。
 ここにそうした例をいくつか挙げてみます。』

 子供をサーカスに連れていかない3つの理由より
 http://www.arcj.org/zoo-circus/detail/circus01.html

 時としてニュースでも見かけますが、サーカスの象
 が突然、飼育員を襲ったり街中に出て暴れだしたり
 することも多いようです。

 この記事にあるように、サーカスの象だけでなく
 さまざまな動物たちが虐待を受けながら
 ある時、調教師たちに襲いかかる事件が起きています。
 
 劣悪な環境で虐待に合い、自由を奪われ大きなストレスを持ちながら、
 でも鎖から逃げることはできないという諦め。 

 「自分はこの環境から逃れられない」
 「どんなにつらくても自分には逃げることができない」

 劣悪な環境、日々の辛い虐待ももちろんですが、
 そこから自分は逃げることができないという諦めてしまって
 明日に希望が持てないことが、ストレスや怒りに拍車をかけて
 しまうのではないでしょうか?

サーカスの象 .jpg
画像出典:子供をサーカスに連れていかない3つの理由より
 http://www.arcj.org/zoo-circus/detail/circus01.html


■人間も「選択」できないと寿命が縮む

サーカスの象は野生の象に比べ寿命が短いのは
環境を「選択」することができないためと考えられます。

このサーカスの象たちの悲惨な結末は人ゴトではありません。


『・社長の平均寿命は、従業員の平均寿命よりも長い。
  その理由は、裁量権つまり選択権の大きさにある。
 ・動物園の動物の寿命が、野生の動物よりはるかに
  短いのは、「選択」することができないからだ。』
             選択の科学 シーナアイエンガ-

この本によれば、サーカスの象や動物園の動物のように、
私たちも「選択」できるかどうかで
平均寿命に違いが出るという研究結果が出ているそうです。
 
「自分は環境を選ぶことはできない」
「どんなに辛くても自分は環境を変えられない」

など、知らぬうちに勝手につくってしまった
間違った思い込みにがんじがらめになっていないでしょうか。


21世紀になり、激動する時代の変化・環境の中で、
働き方も多様化し自分の働き方は自分で決める時代。

自分らしい未来は自分で創っていける時代でもあります。

未来を創ることを間違った思い込みで諦めてしまっている。

諦めていることも見てみぬふりをして、
これでいいと自分を納得させていないか。

ホントウに自分で納得していれば良いですが、
諦めてしまったことに、本当の自分は
満たされないココロ、くすぶった気持ちがないかどうか。

それがストレスや怒りにつながっていないか。
ホントウのココロと向き合うことも重要です。




人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ

 

>> 続きをみる

新しい働き方ブログの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

新しい働き方ブログ

「新しい働き方ブログ」のプロフィール

GAGIさん

SOHO、在宅ワーク、雇われない生き方など色々な 視点から働き方の情報を追求する。

宜しくお願いします

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://hatarakikata.seesaa.net/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。




商標登録特許出願など、特許についてお悩みの方!BtoB問合せ.comで提供企業に一括お問合わせができます。

ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...