ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > ビジネスマントップ > 【リクルートトレンド予測2018】人生100年時代のマルチステージ化の予兆

【リクルートトレンド予測2018】人生100年時代のマルチステージ化の予兆

新しい働き方ブログ

毎年年末に翌年のトレンドを予測するリクルート社での
トレンド予測2018が12日発表されました。

今回のキーワードとトレンドでシニアやミドルの働き方の
多様化について前回記事にしました。
 ↓ ↓ ↓
【リクルートトレンド予測2018】シニアやミドルの働き方が多様化する

定年後の60代を中心にしたシニアの派遣や
パートアルバイトが拡大。

40代50台ミドルの学び直しの増加により、
定年後のシニアでの活躍や、新たな就職の
可能性が広がっています。

このシニアやミドルの働き方の多様化はもちろん、
リクルートトレンド2018のトレンドの中に
「人生100年時代」人生マルチステージ化の
兆しを強く感じます。


■「人生100年の時代」3ステージからマルチステージへ

人生100年時代、働き方はマルチステージへ

『今まで、人生のステージは「教育」「勤労」「引退」と
 3つに分けられてきました。教育期間を終えるとフル
 タイムで働き、次はフルタイムで引退生活を送ると
 いうものです。大学をみな同じ年齢で卒業し、同じ
 ような年齢で結婚し、子どもを持って、そして
 昇進して引退するという予測可能な人生のモデルが
 あったわけです。』

『しかし、今後これは成り立ちません。みんなが同じ時期に
 同じことをする一斉行進の時代は終わり、世界はマルチ
 ステージの人生に変わりつつあります。1人ひとりが
 違った働き方を見出し、また人生のイベントの順序も
 それぞれ違ってきます。自分にとって理想的な人生を
 追い求めていくことになるのです。』

人生のマルチステージ化とは、
ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットンと
アンドリュー・スコット著の
『ライフシフト 100年時代の人生戦略』で
人生100年時代に必要な生き方働き方。

この本の中で人生100年の時代は、従来の
「教育」「勤労」「引退」の3ステージから
多様なマルチステージへ変化せざるを得ないと
述べられています。


一人ひとりが違った働き方、人生イベントの
順番も時期も人それぞれになるマルチステージ化
が加速すると予測しています。


■「人生100年の時代」定年後も長く働く人が増える

シニア.JPG

「人生100年時代」の到来はさまざまな変化を引き起こします。

人生100年の時代、現在の引退の年齢60歳で考えると、
長い老後を生活できるかという生計の維持と
有り余る時間のやりがいの二つの大きな課題があります。

公的年金だけでは生計を維持出来ないので、貯蓄など資産
がなければ60代以降も生活のため収入を得るため働かざるを得ない
人の方が多くなります。

生活のため収入のためと同時に、定年後の有り余る時間を
やりがいを持つため働く人も多くなるはずです。

人生100年とすると60歳で引退すれば、
引退後40年もの時間を過ごすことになります。

趣味やスポーツに明け暮れるといっても、
毎日続けるには限界があり、やることがなくなり
時間をもて余すよりやりがいを持って働きたい
と思う人も多いはずです。


■仕事だけでなく生活を楽しみ社外活動も充実している上司が増える

トレンド予測2018人材マネジメント領域「ボス充」

『生活を楽しみ、社外活動が充実している上司は、
その経験を社内に活かし、また社内の経験を
社外に活かすことで、社外での活動の場を広げている。
またこのような上司は部下から人間的な幅が広いと評価され、
理想の上司として会社にプラスの影響を与え、信頼されている。』

社員のエンゲージメントが低い会社は、
上司が日本で1960~80年代に成功した
コマンド&コントロール(指令と管理)という
方法のままの会社が多いと言われています。
 ↓ ↓ ↓
【米ギャラップ社の社員エンゲージメント調査】日本は「熱意ある社員」は6%


昔からのやり方に固執して仕事も硬直化し
ゆでガエル化しているとも言えます。

今、越境学習と言って、社内とは別な視点を
持つことで社内硬直化しないように、
社外活動を奨励している会社も増えています。

そして、仕事だけでなく生活も楽しむことで
リフレッシュし人間的な幅も広げる。

部下としては、そういう人間的な幅の広い上司がいる
会社に対してエンゲージメントが高くなり
会社の生産性や業績が向上するので仕事も充実する。

プラスの循環を生む会社が増えてくるはずです。


■若手美容師の働く意義やママ美容師の働き方が多様化

トレンド予測2018美容領域「来るスマ美容師」

『高齢者向けの美容・健康など、関連サービスにも
新しい動きが予想されている。美容業界においては
サロン数が増え続け、人口減少とともに競争が激化。
また若手美容師の働く意義や、ママ美容師の
働き方が多様化するなど変化もでてきている。』

来るスマ美容師とは高齢者のもとへ
「スマイルを届けに来る美容師」のこと。

この来るスマ美容師が増加しているよう。

人口減少に伴い競争が激化する美容業界が
高齢者向けに訪問するサービスを検討し始めている。

この事例にあるように、キレイを追求するより、
お年寄りに喜んでもらえる働き方に意義を感じる
若い美容師や、子育てをしながら訪問美容に
喜びを見出すママ美容師。

段階の世代が後期高齢者になる2025年。

高齢者向けの美容・健康サービス市場は
より拡大する。

来るスマ美容師のように、他の美容・健康サービス
従事者でも働く意義を求める若者やママワーカーも
ますます増えてくるはず。


■「ひとりマルチロール時代」

トレンド予測2018飲食領域「ピット飲食」

『一人ひとりが担う役割が増加・多様化しているなか、
仕事と家庭、主務と副業など、次の役割に向かう合い間に、
気持ちの切り替えを行うニーズが強まっている。』

「人生100年時代」マルチステージ化で注目したいのは、
「ひとりマルチロール時代」の部分。

一人ひとりが担う役割や活動が増加・多様化する。

仕事と家庭、子育てと仕事、仕事と社外活動、主務と副業、
地域コミュニティーでの役割、第2の仕事、教育への再移行、
仕事と趣味や運動、自分らしさを取り戻すための週末移住・・・

人口が減少し一人ひとりの役割が増えるとともに、
仕事のための学び直しや社外活動。

ストレスフルな時代だからこそ、自分らしい時間を
増やしたり趣味を楽しんだり、家族との触れ合いを増やし
生活の充実など一人ひとりのライフスタイルによって
活動も多様化します。

副業解禁によって働き方も多様化。

従来の決まり切ったスリーステージからマルチステージ化へ
移行することで、自分らしい役割や活動をそういうステージで
どういう時期にするか自分できめえて行く時代です。




人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ



>> 続きをみる

新しい働き方ブログの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

新しい働き方ブログ

「新しい働き方ブログ」のプロフィール

GAGIさん

SOHO、在宅ワーク、雇われない生き方など色々な 視点から働き方の情報を追求する。

宜しくお願いします

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://hatarakikata.seesaa.net/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...