ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『「豊かさ」の誕生(上) 成長と発展の文明史』

『「豊かさ」の誕生(上) 成長と発展の文明史』

雨読夜話

「豊かさ」の誕生(上) 成長と発展の文明史 (日経ビジネス人文庫)
「豊かさ」の誕生(上) 成長と発展の文明史 (日経ビジネス人文庫)
ウィリアム・バーンスタイン (著),‎ 徳川 家広 (翻訳)
日本経済新聞出版社 2015-06-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「豊かさ」の誕生(下) 成長と発展の文明史 (日経ビジネス人文庫)
人口から読む日本の歴史 (講談社学術文庫)
華麗なる交易 ― 貿易は世界をどう変えたか
国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
マネーの進化史 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
グローバル経済の誕生: 貿易が作り変えたこの世界 (単行本)
大分岐―中国、ヨーロッパ、そして近代世界経済の形成―
10万年の世界経済史 上
人口の世界史


1860年前後を境に経済や産業の発展スピードがが急激になっているとして、その背景を解説している作品。
これは以下の4つの条件が揃ったことによるものと語り、それぞれに章を立てている。
  • 私有財産制
  • 科学的合理主義
  • 資本
  • 動力・スピード・光

私有財産制が重要なのは権力者などから不法に財産を没収されたりすることがないことであり、自由も財産権と密接に関係していることは借金があると自由がなくなることを考えると理解しやすい。
特許で自身の発明が守られなければ工夫しようとするインセンティブが働かないし、「共有地の悲劇」や共産主義による失敗からも、自分のものにならなければ生産や技術も発達しないことが書かれていてその通りだと感じた。

科学的合理主義でなかった状態というのは例えば、カトリックがプトレマイオスによる天動説を正規の説として、それを疑ったり地動説を大衆に広めるとガリレオのように宗教裁判にかけられるようなことを指している。
宗教改革で有名なルターもガリレオの学説には否定的だったことを考えると根深いものがあるわけで、科学と宗教の分離がまず必要という話になっている。
この章ではコペルニクス、ブラーエ、ベーコン、ガリレオ、ケプラー、ニュートン、ハレーといった人々が果たした役割が書かれている。例えばハレー彗星のことでしか知らなかったハレーはニュートンの弟子で、科学だけでなく保険業やオーストラリア大陸発見にも実は貢献していたという話にはけっこう驚いたりした。

資本のところでは、資本主義が成立する前は出資者は損失に対して全財産を支払わなければならず、イギリスなどで債務不履行をすると懲役を受けた時代もあったことが書かれている。
それだと出資のリスクが高すぎるので、家族経営をするか高利で融資を受けるしかなかったわけで、長期で多額の資金を必要とする事業には限界があったという。
アジアやアメリカ大陸との貿易でのリスクを分散・有限化するために株式会社の仕組みができたわけで、有限責任(損失は出資した金額まで)によって資金がさまざまな事業に流れるようになったことが理解できた。
19世紀に大規模なインフラ工事がなされたのはデフレで金利が低かったからということもあるとは思うが、さすがにページの都合であまり触れられていない。

4条件で最後の動力・スピード・光については、蒸気機関と電信をメインで扱っている。
蒸気機関の発明によって人や動物、自然エネルギーではできなかった強く安定した動力を得られたことで、工場や鉱山といった産業での用途、そして蒸気船や蒸気機関車で輸送のスピードが劇的に向上した効果を語っている。
電信についても情報の伝達スピードが上がったことで、価格が一定の範囲内に収まるようになったという経済的な効果を例に挙げている。

興味はあったが少し硬そうなので読むまで時間がかかったが、読み出すと興味深いポイントがいくつも分かりやすく解説されていて、充実した読後感を得ることができた。
続いて下巻も読むつもりである。





「豊かさ」の誕生(下) 成長と発展の文明史 (日経ビジネス人文庫)「豊かさ」の誕生(下) 成長と発展の文明史 (日経ビジネス人文庫)

ウィリアム・バーンスタイン (著),‎ 徳川 家広 (翻訳)
日本経済新聞出版社 2015-06-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。ビジネス書も多く取り上げています。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...