ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > ビジネスマントップ > 「アラフォー・クライシス」アラフォー世代の給料が下がる背景

「アラフォー・クライシス」アラフォー世代の給料が下がる背景

新しい働き方ブログ

アラフォー・クライシスとは、NHKが
12月14日の「クローズアップ現代+」で放送した特集。

「クローズアップ現代+」アラフォー・クライシス


世代ごとの5年前との給料比較を調査したところ、
他の世代は若干でも給与が上がっているのに
35歳~39歳、40歳~44歳のアラフォー世代だけがマイナス。
特に、40代前半は2万3300円も下がっている。


01.jpg
画像出展 「クローズアップ現代+」アラフォー・クライシス

就職氷河期という入社のタイミングによる
世代間格差が歴然と見えてきます。

それとともに、
生産性が低く収益を上げられない企業が増える中の
旧来型の日本型雇用の行き詰まりとも考えられます。


■入社タイミングのハンディキャップ

アラフォー世代が入社したタイミングは
バブルが崩壊し経済成長が終わったタイミング。

アラフォー世代はこの入社タイミングの
ハンディキャップを軌道修正出来ずに
そのまま現在にまでひきづっていると考えられます。

バブルの崩壊までの経済成長の時代は、
給料体系の基本は年功序列であり、
それに社員が保有する能力を等級に分け
等級ごとの差をわずかに反映する形。

つまり、
等級の差が出ても年齢が行けば行くほど
誰もが右肩上がりに給料が上がっていく仕組み。

バブル崩壊後は景気の失速とともに右肩上がりの
給料体系も人事制度そのものも見直しされました。

成果で給料に大きな差が出るアメリカ型成果主義導、
リストラ・早期退職制度・選抜人事など、余剰人員を削減し、
高い業績をあげる人材を最優先する
選別人事に様変わり。

新入社員をイチから育てる風土はなくなり、
必要な人材を必要な時に必要なだけ
という
流れになり、新卒を控え中途採用。

パート・アルバイト、派遣社員の非正規社員
活用に大きく転換しました。


■就職氷河期

新卒採用も激変しバブル期の大量採用に対して
アラフォー世代は就職氷河期の世代。

バブル期には2倍以上だった有効求人倍率が、
0.99にまで落ち込み、新卒で正社員としての
就職を逃すと、その後はさらに困難な状況が続きました。

何十社受けても採用されない。ようやく採用されても
希望の会社に入社できない、自らの志望や専門性と
かけ離れた会社や仕事を最初の就職先に
選ばざるを得なかった人が多っかたようです。

止むを得ず派遣やパートアルバイトのまま
20代30代を過ごしてしまった人もとても多い。

希望する会社への入社でないことで
会社へのエンゲージメント(熱意)、
仕事へのモチベーションも低い人も多いと
考えられます。

アラフォー世代は、放送にもあったように
この就職氷河期の経験で自分に自信をなくし
自己肯定感がくその後のキャリア形成にも
大きく影響している人も多いようです。



■勤続年数が短い

アラフォー世代は希望の会社に入れなかったために
転職が多い。ひとつの職場に15年以上勤めた人の
割合は他の世代より大幅に少ないようです。

新卒時に希望の会社や業種に就職できなかったため
転職をした人が他の世代よりも多い。

でも、転職した先が中小企業に入ることが
多くなっていました。

複数回転職を繰り返す人もいたはず。

転職して勤続年数が短くなればそれだけ
給料に影響が出る。

しかも、大企業に比べ中小企業は給料が安い。

アラフォー世代は給与が低くなっている
背景のひとつです。


■能力開発など社内研修が減少

アラフォー世代は仕事を覚え一番成長する
20代にスキルや能力を開発する社内研修の
機会に恵まれていなかったようです。

バブル期までは社内研修で階層別に社員を育成する
制度が基本だったが、バブル崩壊後は社内での
教育研修制度の多くが廃止。

資格所得時の報奨や本人希望による
外部の研修期間の研修に参加できるといった
能力開発の主体は個人が自己責任で
能力開発する形に大きく変化。

主体的積極的に能力開発やスキルアップを
しなければ何もせずに充分なスキルが
身に付かないまま。

アラフォー世代の多くは20代の成長期に能力開発を
しないまま過ごしてしまいスキルが身につかないまま
きてしまっているのかもしれない。


■アラフォー世代は昇進が狭き門

アラフォー世代は昇進がとても少ないようです。
その背景にも入社のタイミングの影響が。

ひとつには、大量採用されたバブル期入社世代が
管理職のポストを占めているため。

景気の悪化によってポストの数も限られ、
限られたポストをすでにバブル期世代に
締められているとも考えられます。

それと共に、昇進で先輩後輩に関係なく
ポストを競う実力主義の影響も考えられます。

アラフォー世代は後輩や部下を指導したり
マネジメントした経験が少ないと言われることが多く、
マネジメントの経験不足が昇進にも
大きく影響していると言われています。

また、能力開発をしないまま来てしまって
いるので評価につながる成果が出しずらい
ことも考えられます。


このように、アラフォー世代は就職氷河期
という入社のタイミングで様々なハンディキャップを
背負い、その影響で給料も下がるハンディを負っています。

バブル期が崩壊し、経済成長時代の人事システム、
教育システムも大きな大転換をした端境期に
いたともいえます。


まさに、アラフォー世代は
「みんな一緒」から「それぞれ一人ひとり」の
時代に社会人のスタートを切ったと言えます。

人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ


>> 続きをみる

新しい働き方ブログの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

新しい働き方ブログ

「新しい働き方ブログ」のプロフィール

GAGIさん

SOHO、在宅ワーク、雇われない生き方など色々な 視点から働き方の情報を追求する。

宜しくお願いします

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://hatarakikata.seesaa.net/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。




パンフレットカタログデザインでお悩みの方や、カタログ制作会社をお探しの方は、InfoDirectで一括資料請求が便利です。

ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...