ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > ビジネスマントップ > 【アラフォークライシス】アラフォー世代派遣がやり直しが効かなかった理由を分析する

【アラフォークライシス】アラフォー世代派遣がやり直しが効かなかった理由を分析する

新しい働き方ブログ

アラフォークライシスとは、NHKが
12月14日の「クローズアップ現代+」で放送した特集。

氷河期世代とも言われ
世代ごとの5年前との給料比較を調査したところ、
35歳~39歳、40歳~44歳のアラフォー世代だけがマイナス。
特に、40代前半は2万3300円も下がっている。

バブルが突如崩壊し就職氷河期という入社の
タイミングによるアラフォー世代と他の世代との
世代間格差が歴然と見えてきます。

前回、
アラフォークライシスでアラフォー世代の給料が下がる
背景について記事にしました。
 ↓ ↓ ↓
「アラフォークライシス」アラフォー世代の給料が下がる背景

給料でいえば不幸にも正社員になれず
派遣社員のまま20代30代を過ごしてきた
アラフォー世代は、本当に厳しい実態で
まさしくアラフォークライシス(危機)です。

彼らが、派遣社員という入社時点の
ハンディキャップをひきづり
やり直しが効かなかった理由を分析します。

これらの分析要素は今後自分らしい働き方を
考えていく上で参考になると思います。


■企業が置かれていた環境

求人する企業にはその企業が求人をする
目的があります。その企業が置かれている
環境を知ることはとても重要です。

アラフォー世代が入社した時期は
ちょうどバブルが崩壊したタイミング。

バブル期、企業は過剰な設備投資をし、
不動産や株に投資していた企業も多かったようです

そのバブルが一転し崩壊したことで、
景気低迷は長期化し、不動産や株に
投資していた企業の経営破綻するところも。

海外へ設備投資していた企業は、縮小や撤退を
余儀無くされ消費も冷え込み業績は悪化。

人件費が経営を圧迫し過剰な雇用の整理調整は
必須になっていきました。

しかも、グローバル化が進展したことで
国際競争力をつけなければ生き残れない状況で
即戦力になる人材を最優先する選抜人事に
どんどん移行していきました。


■その環境での企業の人事施策と採用計画

その環境の中で、企業がどんな人事施策を取り、
採用計画をしているかは求人への条件や
求めている人材ニーズを知る重要な手がかかりです。

バブル崩壊した時点での企業は、生き残りをかけ
過剰な雇用を整理し業績の立て直しと競争力を
持つことが急務な課題でした。

だから、企業として必要な人材は即戦力として
業績を回復できる人材でした。

必要な即戦力人材は中途採用する。

即戦力にならない余剰人材はリストラし
新規採用は縮小。

繁忙期や商品サービスの事業化タイミングなど
企業として人でが欲しい時の要員は
派遣やパートアルバイトで賄う。

バブル期までの新卒からじっくり育て
定年まで終身雇用する方針から一転し、
必要な時に必要な人材を登用する。

そのために人材を選別する方針に
大きな転換を迎えました。


■需要と供給の関係

バブルが崩壊した就職氷河期の
有効求人倍率は0.99。

バブル期には2倍以上だった有効求人倍率に
比べ半分以下に落ちてしまいました。

つまり、圧倒的な買い手市場です。

この有効求人倍率は正社員だけでなく
派遣社員やパートアルバイトも含めた数字。

正社員はかなり低い数字だと想像できます。

しかも、
新卒はやり直しの効かない新卒一括採用方式。

今のように第二新卒などの考え方はなかったので
本当のワンチャンス。

新卒一括採用を逃したら正社員の道が閉ざされるに
等しいやり直しの効かない中で超狭き門。

その非常に少ない需要に対し供給は
氷河期世代は団塊ジュニアともほぼ等しく
他の世代より圧倒的な人口になっています。

つまり、少ない新卒求人需要に対し
団塊ジュニアの多くの供給が競い合った。

結果として、ほとんどのアラフォー世代が
正社員になれず派遣社員になった人が多いはず。

正社員だけでなく派遣やパートアルバイトさえ
選抜されたようです。

圧倒的な買い手市場で競争率が激しく、
しかも供給が多いということは企業から
すれば自社の求める人材をじっくり
選別しふるいにかけられるということ。

求職者側からすれば、企業が求める
人材ニーズをしっかり把握し打ち手を
考えなければ競争に勝てるはずがない状況です。


■転職チャンスも即戦力の企業ニーズで狭き門

求人競争率が激しい時、企業がどんな人材ニーズが
あるかしっかり知ることは自分が優位になるような
打ち手を考えるために必須です。

前回の記事で
アラフォー世代が勤続年数が低い背景には、
新卒時に希望の会社や業種に就職できなかったため
転職をした人が他の世代よりも多い。

でも転職した先が中小企業に入ることが多かったと
お伝えしました。

アラフォー世代は転職のチャンスもとても
狭き門だったようです。

狭き門になった背景は有効求人倍率の低さと
企業が即戦力を求めたこと。

競争は相変わらず厳しい中で企業が中途採用で
求めた人材ニーズはとてもハードルが高かったようです。

2014年の最近の調査ですが、企業の中途採用の
採用基準が出ていました。
即戦力として企業が求める人材ニーズがよくわかります。


人材ニーズ.jpg
企業の中途採用の採用基準
画像出展:「エン 人事のミカタ」アンケート 2014年の中途採用状況を報告


必要スキルの経験年数74%
能力60%
職歴40%
マネジメントスキル14%


の順です。

アラフォー世代のミドル層に対しては
マネジメントスキルニーズはもっと高くなるはずです。

この調査結果ではっきりしているのは、
即戦力として経験に基づいたスキル、
どんな仕事に就いてどんな能力を
獲得しているかを重視していること。

このスキルや能力の獲得は
バブル崩壊前までは会社内の階層別の
研修制度やきめ細かなOJTなどで
身につけられました。

でもバブル崩壊後、会社内での研修制度は
廃止され全て社員個人の主体的な自己責任に
一転してしまった。

意識を高く持って仕事に取り組み、仕事の中で
スキルの獲得に努力し、積極的にスキルアップや
能力開発を行う社員と日々を漫然と過ごしてしまう
社員では大きな差が出るはずです。


まして、
派遣社員など非正規雇用では
仕事の範囲が限られていたので現実的に
仕事で獲得できるスキルも能力も
限られてしまいます。


■「自分の都合のよい時間に働く」派遣は更に厳しい

即戦力を求める企業の人材ニーズがアラフォー世代の
転職での「やり直しが効かない」ハンディキャップを
作っていったと考えられます。

この「やり直しの効かない」状況に拍車をかけているのが、
仕事に対する取り組み方。

アラフォー世代の中には、就職氷河期のためやむなく
派遣社員になった人が多かったと思いますが、
厳しい状況を避け「自分の都合の良い時間に働く」ために
派遣社員を選んだアラフォー世代もいたと考えられます。

仕事だけではなく自分の時間も大切にしたい。
余り仕事に縛られず自由に時間を使いたい。

人生をエンジョイする意味ではとてもよくわかります。

でも、
「自分の都合の良い時間に働く」働き方では、
企業が求める即戦力の人材ニーズには応えられません。

必要なスキルの経験年数も仕事を通じた能力も
それを裏付ける職歴も獲得することはとても
困難です。

「自分の都合の良い時間に働く」ことを
優先するなら都合の良い時間に働ける派遣や
パートの仕事につくしかありません。


■やり直せる時代に行動を起こす

アラフォー世代派遣がやり直しが効かなかった
原因を考えてみました。

バブルが崩壊し景気低迷が続き業績回復のため、
それまでの年功序列から即戦力の実力主義
人材の選別、派遣やパートアルバイトを多用し
必要な時に必要な人材を登用する。

その企業側の大きな転換に、アラフォー世代側が
意識を変えられず対応もできずやり直しができないまま
になっている。

長い間この状態が続いたと思いますが、
今大きな変化が起きています。

景気が回復の兆し、人口減少による構造的な人手不足、
働き方改革によって同一労働同一賃金や副業解禁など
新しい働き方のチャンスが広がっています。


人手不足の企業では、未経験での採用も
増えてきています。

アラフォー世代の30代40代が不足し
補充したい中小企業は多くあるようです。

だから、この変化の時に
やり直しの行動を起こすべきです。

放送でも紹介されていた東京しごとセンター
の転職就職サポートなども大いに利用を
おすすめします。

東京都の委託業務なので、キャリアカウンセリングや
就活ノウハウやキャリアデザインのセミナーなど
全て無料で受けられます。





正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】



人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ


>> 続きをみる

新しい働き方ブログの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

新しい働き方ブログ

「新しい働き方ブログ」のプロフィール

GAGIさん

SOHO、在宅ワーク、雇われない生き方など色々な 視点から働き方の情報を追求する。

宜しくお願いします

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://hatarakikata.seesaa.net/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...