ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > ビジネスマントップ > 【1万時間の法則は計画的訓練・意図的な練習が必要】現代は努力すれば報われる時代

【1万時間の法則は計画的訓練・意図的な練習が必要】現代は努力すれば報われる時代

新しい働き方ブログ

今回は、1万時間の法則についてお話します。
1万時間の法則には計画的訓練と意図的な練習が必要です。

「努力しても報われない」「努力しても無駄」
「努力しても意味がない」「頑張っても仕方ない」・・・
など諦めてしまっている声に対し努力について
関していろいろな視点で考えています。

やはり、
努力は意味があり、努力をする必要性もありそうです。

グリット(やり抜く力)では、

才能×努力=スキル
スキル×努力=達成

という方程式を導き出し、グリット(やり抜く力)をつけ
達成するためには努力が何より重要であると言っています。

一律的で画一的な経済成長時代には、
コツコツと努力をしなくても
要領良く答えを出す人間の方がもてはやされ、
コツコツ努力することは軽んじられました。

努力することは要領が悪いとか、格好悪いと
軽視され努力しても評価されないことも多かった。

だから、努力しても意味がない、努力しても無駄、
努力しても報われない。

という考え方や風潮が広がってしまったようです。

新しい時代に入り高度経済成長時代のように
答えばかりを効率的に追い求めても意味がなく、
地道にコツコツと努力をし続けることがとても
重要な時代に入っています。

専門性が深化細分化されより高度化されてく中で、
先例がないことに果敢にチャレンジして結果を出していく
ためには、努力し続けなければ絶対に達成しません。

でも、ただ努力をすれば良いのではなく、
努力の方法・努力の仕方・頑張り方が大きな結果の
違いを生み出すため、考える努力、工夫した努力が
必要になってきています。


大変かもしれません。

でも、努力の仕方・努力の方法を身に着けしっかりと
努力をし続ければ必ず努力は報われる。

少なくとも「努力しても報われない」「努力しても
無駄」と何もしない人に対して大きな違いが出る
時代なのだと思います。

改めて、努力の方法・努力の仕方、頑張り方の
ヒントをお伝えしていきます。

こちらのサイトから1万時間の法則について。
  ↓  ↓  ↓
「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは?

この記事に出てくる「1万時間の法則」に
関して注目します。

『1万時間の法則とは「どんな分野の能力でも、
達人レベルまで高めるためには10年もしくは
1万時間の計画的訓練が必要」』


『注目するべきポイントは「計画的訓練」という言葉です。
 計画的訓練とは高度な技術の習得を目指すために頭を使う
 練習であり、それ以外の訓練(単なる繰り返し練習など)
 とは区別して考える必要があります。』

1万時間の法則が適用するのは「計画的訓練」であるということ。

ただ、やみくもに繰り返すだけの練習ではなく
頭を使った練習を繰り返してこそ、達人レベル
までの高度な技術が習得可能となる。

重要なのは練習にかけた時間の長さではなく、
どのように練習をしたかという「頭を使う
練習」のことなのです。

単に1万時間練習すれば良いわけではありません。

問題の定義、仮説の組み立て、検証などの
「科学的思考プロセス」を通した練習が必要です。

この記事では、

1、細部の練習に時間をかける
全体をただ通したものよりも細部にこだわった
練習に時間をかけること。

2、客観的な改善点の観察
自分自身を鋭い目で観察し客観的に改善点、
あるべき姿に対して継続的に改善すべき点を
見つけ出していく。

3、練習の中で具体的な改善の実行
客観的な観察で見つけ出した改善点を練習の
中で解決していく。

と述べています。

グリット(やり抜く力)の中では、1万時間の法則に
対し、「意図的な練習」と呼んでいます。


1、ある一点に的を絞って、ストレッチ目標
(高めの目標)を設定する。

2、しっかりと集中して、努力を惜しまずに、
ストレッチ目標の達成を目指す。

3、改善すべき点がわかった後は、うまく
できるまで何度でも繰り返し練習する。

『エクスパートたちは新たなストレッチ目標を
 設定し、弱点の克服に努める。小さな弱点の
 克服をこつこつと積み重ねていくことが、
 驚異的な熟練の境地に至る道なのだ。』
と言っています。

高めのストレッチ目標を設定してクリアして
いくことで上達度が効果的に上がっていく。

はじめから高い目標だと挫折することも考えられるので、
少し高めの目標からステップアップするなど計画的に
練習をしていくことも重要です。

つまり、
「何が問題なのかを把握し、なぜ起こったかを調べて、
どう改善できるかを考える。」
そして、改善点を解決する。そのステップを繰り返す。

努力の仕方・努力の方法として考えると、

『やみくもに繰り返すだけの努力ではなく
頭を使った努力を繰り返す』


『努力にかけた時間の長さではなく、どのように努力をしたか
 という「頭を使う努力」のこと』
 が重要です。



効果的に努力を実らせ達成したいと思っている人は
達成する技術を学ぶことが最善だと思います。

達成する技術を学ぶなら、
原田教育研究所の原田隆史さんのDVDはとても参考になります。

原田さんは、大阪市の公立中学校教師の時陸上部の顧問となり、
赴任からわずか3年で"ふつう"の生徒を日本一にし、
最後の7年間で13回の日本一を達成させました。

公立中学で、才能や素質に恵まれたわけではない
"ふつう"の生徒を日本一に出来たのは、誰でも
身につけることが可能な目標達成の"方法""仕組み"と
"取り組み方"を技術として体系化したメソッドを
生徒一人ひとりに実践させたから。

この原田メソッドは、ユニクロやキリンビールなど
一流企業や、プロ野球の大谷選手など一流のアスリ
ートも実践し、日本のみならず世界中で、あらゆる
分野で効果が実証されています。
↓ ↓ ↓
【達成する人の法則】自分を変えるレッスン~仕事と思うな、人生と思え~


人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ


>> 続きをみる

新しい働き方ブログの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

新しい働き方ブログ

「新しい働き方ブログ」のプロフィール

GAGIさん

SOHO、在宅ワーク、雇われない生き方など色々な 視点から働き方の情報を追求する。

宜しくお願いします

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://hatarakikata.seesaa.net/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...