ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > IT・ビジネス・全般ページ トップ > 絵解きマイコンCプログラミング教科書のC-Firstプログラミング学習ボードをためしてみました。

絵解きマイコンCプログラミング教科書のC-Firstプログラミング学習ボードをためしてみました。

きまぐれ

USB経由で簡単に操作できるマイコンボードを探していたのですが

RL78  LED3個 加速度 照度 センサーが 実装されています。デバッカが搭載されているので 別途用意する必要がないです。

書き込み器も必要がないです。 

Arduino 拡張コネクタ搭載しているので Arduinoで制作したものもできます。

 

PC接続するとこんな感じ

USBケーブルとC-First本体をPCに接続しパワーランプが点灯しました。

 

_

 

SWを押すとLEDが点灯するのを作成してみました。

右下のLEDが点灯しました。

 

 

 

 

本書の直ぐに動かしたいときは 後ろのページの第11章プログラミングツールCS++の使い方から始めると良いと思います。

ルネサスエレクトロニクスのMyRenesas登録して無償の統合開発環境CS+for CC V7.00.00ダウンロードインストールします。

本体のドライバはDVDの開発環境CS+とエミュレータのEZエミュレータ用ドライバにあるので、デバイスマネージャーで設定してあげます。

認識確認はRenesas Virual UART(COMxx) 表示です。

環境設定やプログラミングの例を本書進めて行けば良いと思います。

RL78のプログラミングがはじめられました。

第12章ではプログラミングの参考例があるので参考になるでしょう。

前半は、割り込みやI/Oのプログラムの記述方法等などが書かれているので随時読むとよいです。

プログラミング経験が他でないときは漫画から読むとよいです。

 

これから組み込開発する人や復習に良いと思います。

 

#ルネサスSNSキャンペーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_


>> 続きをみる

きまぐれの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

きまぐれ

「きまぐれ」のプロフィール

b3540さん

日々の感じたことや気ままにつづります。

生活や暮らしをもっとよくなるようなこと紹介します。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/bb3540usagi


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。




facebookファンページ制作facebook 運用に関するノウハウならビジネスピックアップにご相談ください。

ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...