ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 組織(株式・有限・組合)トップ > 98歳の祖母が亡くなって思うこと。

祖母が亡くなりました。98歳の大往生でした。

人生100年といいます。でも実際に100歳めがけてしっかりと生き抜くことは並大抵のことではなく、物静かな中にも内に秘めた熱いエネルギーが充満し続けていた人だったのだとつくづく思います。
 

99歳で亡くなった瀬戸内寂聴さんと1歳違いだった祖母。

 

何があってもぶれることなくまわりを支える心配りを尽くして、質素に健康体を維持してきた祖母は、健康で長生きを目指す私にとっては今も昔も誇りです。


コロナ禍でここ2年くらい会えず寂しかったですが、本当に清らかな顔で旅立ったのを見て、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

 

じつは私が働きながら社労士を受験していた時代、両親の仕事の都合もあって自宅には実質的に祖母と私しかいない時期がありました。

 

私が今までで一番苦しかった時代、傍にあっていろいろ気遣いをしてくれ支えてくれたのが祖母だったのです。

 

その頃の思い出なども走馬灯のように駆け巡って、やっぱりおばあちゃんの助けがあってこそ私があるのだと心から感謝がこみ上げてきます。

 

ひとつの時代が終わったことを神妙に胸に刻みつつ、襟を正してしっかりと志に向かっていきたいです。

 


 

 

 

 

祖母が亡くなって思うこと。

せっかく“自分”という人生の物語を生きているのに、ただ周りの常識に左右されて過ごしていって、昨日と同じ今日に安堵感を感じるのはもったいない。

今の時代、去年と今年とはまるで見える世界が違うし、人間の生命はまさしく有限なのです。

 

100歳という高い目標を掲げるからこそ、一日一日の“変化”を心身に感じて歩む自分でありたい。


 

仕事は順調だし、毎日充実しているし、まったく健康だけど、大切な家族を失った喪失感はやはりあります。
 

それはバイオリズムの部分もあるのだと思いますが、もうクリスマスソングが鳴り響く季節だし、年の瀬に向けてちょっと焦ってしまいますね。
 

あまり先のことを考え過ぎずに、人間としての礼節、明朗な人間関係、健康的な食事、充分な睡眠、適度な運動と美容を心掛けて、落ち着いてやるべきことに向き合いたい。



何かと一身上のことで迷惑をかけてるけど、私がいなくてもみんなで力を合わせて事務所を守っていてくれることに感謝しかありません。

 

やっぱり会社って規模じゃなくて、誰がバスに乗るかだとつくづく思います。

みんなにも感謝しながら、明るい来年に向かっていきたいものです。

 


>> 続きをみる

社会保険労務士 小岩広宣の「勝ち組」へのステップアップ法!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

社会保険労務士 小岩広宣の「勝ち組」へのステップアップ法!

「社会保険労務士 小岩広宣の「勝ち組」へのステップアップ法!」のプロフィール

小岩 広宣さん

株式会社ナデック代表・社労士小岩広宣の公式ブログ。人材ビジネスの専門家である小岩広宣が、派遣会社や派遣社員のために日々奮闘しているナマの姿をつづっていきます!

人材ビジネスの専門社労士・小岩広宣のブログです。人材派遣、職業紹介、業務請負の現場で起こるさまざまな出来事と向き合い、解決策を考えるために、日々奮闘しています。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/koiwahironori


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...